コロナ禍での、花束の思い出

日記🖌️

久しぶりにお花を買いました。

スーパーで買った小さな花束なのですが、とっても可愛いですよね♪

コロナ禍の思い出

コロナが始まったころ、お花屋さんが経営に困っているというニュースがありました。お花が売れない。

もちろんお花屋さんだけじゃなく、たくさんの方が大変でしたね。

そんないろいろなニュースがたくさん届いていたころ、夫がふとこう言いました。

花が売れないなんて・・・

無骨な夫の口から出た台詞とは思えませんでした(失礼!)

お花の名前なんて全然知らないし、ザ昭和な男です。

でも夫は、寒々とした世の中の空気を感じて寂しく思ったのかもしれません。

お花が届いた!!

そんなことがあって数日後。夫からラインがありました。

家に花が届くから

ええ??結婚記念日でも誕生日でもない!

話を聞いてみると・・・

お花屋さんを応援したくて花の定期便を申し込んだのだそう!

夫よ!優しいことするじゃないですか

ささやかではありますが、お花屋さんの応援にもなるし私もとっても嬉しい🥰

夫が申し込んでくれたのはこちら。

お花の定期便【Bloomee LIFE】

※お花の定期便とは週替わりでポストに花束が届くサービスのことです。

私は以前からときどきですが、小さな花束を買ってリビングに飾っていました。

経済的に余裕はあまりなかったので頻繁には買えませんでしたが、それでもお花を飾ると気持ちが華やぎました。

夫は花を飾っていても、特に何を言うわけでもありませんでしたが、ちゃんと見ていたのでしょうね。

夫が自分のおこづかいからお金を出して、一年くらいお花の定期便は我が家のリビングを飾ってくれました。

どんなお花が届くのか、いつも楽しみでした💕

大変な時期ではありましたが、そんな中でも優しい思い出となって心に残っています。

今日はそんなことを振り返りながら、お花を飾ってみました🍀

読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 ハッピー日記ランキング 

コメント

タイトルとURLをコピーしました